NEWS

%e2%98%85%e5%88%9d%e8%a7%a3%e7%a6%81%ef%bc%bf%e8%b5%a4%e7%9b%ae%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc

この度、公開から8月4日(日)までの17日間で、累計動員25万人超え、興行収入3億3403万円を記録!
この数字は、日本に先がけ公開していた世界各国の成績を抜き去り、見事インターナショナルNo.1を獲得!(北米地域を除く)
多くの日本国民の心を突き刺す恐怖が、猛暑と共に日本列島を襲い続ける・・・!!

gabriel_bateman_stars_in_childs_play_rgb

ホラー界を代表するシリーズの精神を受け継ぎながらも、史上最恐の殺人人形“チャッキー”をAI搭載の高性能人形へと大胆に設定を変更するなど、クラシックホラーと現代のテクノロジーを見事に融合させ、まさに現代版と呼ぶにふさわしい仕上がりに絶賛の声が寄せられている本作。
7月19日(金)から待望の日本公開を迎えると、その進化と恐怖を目撃すべく老若男女が劇場へ次々と押しかけ、8月4日(日)までの累計興行収入で3憶3403万円を記録。北米地域を除くインターナショナルNo.1(※)となり、日本での近年のホラー人気の勢いと、期待に違わぬ仕上がりの現代版チャッキーが日本国民の心を突き刺したことを証明する結果に!
(※8/4付け 1ドル=106円換算で、インターナショナル2位は、メキシコの$2,951,533<日本円換算:3憶1286万円>

%e3%80%90%e8%a7%a3%e7%a6%81%e6%b8%88%e3%80%91chucky-and-gabriel-bateman-in-childs-play1

さらには、年代・ジャンルの幅広い多くの著名人や人気タレントもSNSで鑑賞と興奮を報告するなど、世代や性別を問わず「チャイルド・プレイ怖すぎて、友達の手をずっと握りしめてた(笑)」「今までの、これはありえないでしょ…っていうホラーと違って、これからあり得るかもしれないという嫌な現実味が怖い」といった最新のAI技術を搭載したチャッキーに怯える投稿が相次いだり、その他にも「バディ・ソングとマーク・ハミル氏の声が最高に狂気で面白かった!」「『チャイルド・プレイ』を観てから「バディ・ソング」が止まらない。」「バディ・ソングが頭から離れなくて脳内でループ再生されてる」と一度聴いたら耳を離れない恐怖の劇中歌が話題を呼んでおり、着実に最新型チャッキーの恐怖が日本列島中に拡大している模様!

本格的な暑さを迎え、ホラー映画を堪能するにはピッタリの夏に、本作の恐怖を体感せよ!


★『チャイルド・プレイ』興行成績★  ※興行通信社調べ
7/19(金)~8/4(日)(17日間):累計動員253,376人 興収334,037,900円

マーク・ハミル演じるチャッキーが歌うアンディへのラブソング「バディソング」!
チャッキーが枕元で子守唄を囁く、安眠できなくなること間違いなしの本編映像を解禁!

このたび解禁された映像では、すっかり夜も更け眠りに就こうとするアンディが寝返りをうつと、そこには暗闇の中でまんじりともせずにジーっと大好きな親友のことを見つめるチャッキーの姿が!恐怖のあまり思わず飛び上がって驚くアンディだが、そんな様子にはおかまいなしで「遊ぶ時間?」「一緒にいて楽しい?」と矢継ぎ早にかまって発言を繰り出すチャッキー。アンディが「今は寝る時間だよ」「目を閉じてよ 怖いんだけど」と言い聞かせようとするが、まったく聞き入れる気のないチャッキーは、「君は親友だよ アンディ」と一方的に大好きなアンディへの愛を告白する始末…。

703793_cp089_endorsements_movieweb_cp_image_02

あきれたアンディは「奇妙なフリはやめて」とつれなく突き放して、再び目を閉じて就寝しようとすると、今度はチャッキーが「♪死ぬまで君は僕のバディ~」と二人の愛を歌詞に込めた、お得意の持ち歌「バディソング」を子守唄がわりに囁きだしてしまう。まったく寝られなくなってしまってうんざりするアンディと、ワンコーラスしっかりと歌い上げ満足げに「おやすみ アンディ」と語りかけるチャッキーの終始噛み合わない、どこかユーモアがありながらも、チャッキーの異様で執拗な愛がますますエスカレートしていくことを予感させ、恐怖を抱かずにはいられない映像となっています。

%e2%98%85%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b31

チャッキーの声を担当した「スター・ウォーズ」シリーズでおなじみのマーク・ハミルが全米公開時に「バディソングを収録する前には50回以上聞いて、今ではもう一生忘れることができなくなったよ」と自身のTwitterで語っていたが、日本でも同様の現象が起き始めており「チャッキーのバディソングがずっと脳内で再生されてる」「バディソングがその歌詞も相まってなかなかのトラウマソングになってました」「今日もバディソング2時間ほど聞いた」など、早くも脳裏に焼き付いて忘れられなくなる観客が続出中!なかには「今日の劇場では、エンドロールのバディソングを皆さん合唱していた!」という報告もあり、まさかの歌唱上映まで一部の観客たちの間に広まりつつあるようで、大きな反響を呼んでいます。

chucky-and-gabriel-bateman-in-childs-play1
自身も一生忘れられないというハミルが歌う、ホラー映画史に残る新たな名曲「バディソング」は必聴!一度聴いたら耳から離れなくなること間違いなしの、切なくもどこか怖い一曲を劇場の大音響でぜひお楽しみください!

 

最新型チャッキーの残忍な凶行を知った主人公アンディ(ガブリエル・ベイトマン)が取り付く島もない母親カレン(オーブリー・プラザ)に、涙ながらに訴えかける姿を捉えた本編映像が到着!

先日、全米で公開されるとホラー界を代表するシリーズの精神を受け継ぎながらも、史上最恐の殺人人形“チャッキー”をAI搭載の高性能人形へと大胆に設定を変更するなど、クラシックホラーと現代のテクノロジーを見事に融合させ、まさに現代版と呼ぶにふさわしい仕上がりに絶賛の声が寄せられている本作。今回到着したのは、ついに最先端AI技術を搭載したチャッキーが暴走し始め恐怖に晒された主人公アンディが母親のカレンに、チャッキーの恐ろしさを必死に訴える姿を収めた本編映像!

japan-still-1

アンディは自らの目で見た、親友だと思っていた人形チャッキーのあまりに残忍で命も脅かされるほどの悪事を、恐怖と混乱が入り混じり鬼気迫る様子で必死に説明するも、単なる高性能のバディ人形であるチャッキーが“人に襲い掛かかった”という突拍子もない話をし始める息子を、頑なに信じない母カレンはあきれ果てて外へ出て行ってしまう…。最新型チャッキーのかつてない恐怖はこのまま拡大を続けてしまうのか!?

japan-still-6

母親のカレン役を演じている、「X-MEN」から生まれた初のTVシリーズ「レギオン」(17~)でレニー・バスカー役を務め人気を博すオーブリー・プラザと、『アナベル 死霊館の人形』(14)や『ライト/オフ』(16)などの大ヒットホラー作品のほか、ドラマシリーズでは「アメリカン・ゴシック ~偽りの一族~」(16)、「アウトキャスト」(16~17)にも出演したアンディ役の気鋭俳優ガブリエル・ベイトマンが見せる切迫した演技合戦にも注目の本映像。

703796_cp089_endorsements_moviehole_aubreychucky

キャリアで初めての母親役を演じたオーブリーは「脚本を読んで、カレン役を演じることがとても楽しみになった。あまりにも自分とは違う役柄だから。若いシングルマザー役というのも魅力的だった」と出演の決め手を明かし、さらに息子役で共演したガブリエルについて「ガブリエルはムービースターよ。とんでもない才能を持っている。ふざけて私の苦手なことを指摘してきたりするけど、本当は私のことが好きで、私の方が得意だと知っているからだと思うわ。彼とは特別な関係性を築けていて、お互いを打ち負かそうとばかりしている。でも私の方が年上だから、そうはいかないわ。」と絶賛。共に築いた信頼関係によりまるで親子さながらの絶妙な演技へと繋がっていることが窺えます。

%e3%80%90%e8%a7%a3%e7%a6%81%e6%b8%88%e3%80%91aubrey-plaza-and-gabriel-bateman-star-in-orion-pictures-childs-play1

どこにでもいるこの親子が、史上最恐のチャッキーの出現により窮地に追い込まれるのはあまりにも酷…。果たしてどんな結末を迎えるのか…!?結末はぜひ劇場でご覧ください!

7月19日(金)から全国188館(同188スクリーン)で日本公開を迎え、週末3日間では、観客数8.1万人超え、興行収入1億0,970万円を記録!

さらにこの大ヒットを記念し、最新技術を駆使したチャッキーが少年アンディへ迫り寄る本編映像も到着!

興行で特筆すべきは、鑑賞者の層の広さで、オリジナル版のシリーズファンとおぼしきコアなホラーファンに加え、金曜夜から、土日にかけてを中心に、今作で初めて『チャイルド・プレイ』を劇場で鑑賞する10代~20代の男女子学生グループや、カップルが劇場に押しかけ、動員の大きな原動力となり興行を盛り立て、先週末公開作品では『天気の子』に次ぐ第2位、同じく先週末公開の洋画作品ではNo.1のスタートに!

%e3%80%90%e8%a7%a3%e7%a6%81%e6%b8%88%e3%80%91chucky-and-gabriel-bateman-in-childs-play1

鑑賞者からも賞賛のSNS投稿が相次ぎ、「『ハロウィン』に引き続き80年代ホラーの現代版アップデートが見事に成功している快作」というコアホラーファンからの熱い投稿や、「持ち主に執着する倫理観の欠如したAIという設定が最高。オリジナルとは違う無機質な怖さが本当に良い」という、現代らしい新たな恐怖を評価する投稿が相次ぎました。

gabriel_bateman_stars_in_childs_play_rgb

また、本作で初めてチャッキーの映画を劇場鑑賞したであろう若年層は、一人では怖くて見れずに友人や恋人を誘って鑑賞する人が続出、鑑賞後には「(チャッキーが)怖い人形だけど、なぜか嫌いになれない存在でした」「クライマックスで泣いた…今回のチャッキーかなり切ない」と、恐怖だけではなく思わぬチャッキーへの共感の投稿も生まれたほか、「バディソングが頭から離れなくて歌ってしまいそう」「今日の劇場では、エンドロールのバディソングを皆さん合唱していた!みんなチャッキー好きなんだなぁ~」と、名優マーク・ハミルが声をあてたチャッキーが歌うバディソングの中毒性のある魅力も拡散を続けています。幅広い鑑賞者層による、相次ぐ賞賛のコメントの追い風を受け、興収は早くも1億円を突破!

childsplay_firts_look_image2-1

そして、本作の大ヒットスタートを記念して、最新のAI機能を備えたチャッキーが徐々に親友アンディへの愛情を歪ませ、全ホーム製品を管理する“カスラン・ハブ”や“カスランKスマートスピーカー”などの最新家電を駆使して襲い掛かろうとする姿を捉えた本編映像が到着。チャッキーの残虐さに身の危険を感じ、バッドを振り回すアンディと楽しくかくれんぼをするかのように、様々な最新家電を駆使しながら「一緒なら楽しいでしょ?邪魔する連中は消しちゃうよ」と軽やかな口調で脅すチャッキーに戦慄すること間違いなし!果たしてあなたは最新型チャッキーがもたらす恐怖に耐えられるか!?

『チャイルド・プレイ』全国の映画館で大ヒット上映中!


『チャイルド・プレイ』 興行成績  ※興行通信社調べ
7月19日(金)~7月21日(日):累計動員81,094人   興収109,708,400円

%e3%80%90%e8%a7%a3%e7%a6%81%e6%b8%88%e3%80%91chucky-and-gabriel-bateman-in-childs-play1

★映像はコチラ:https://youtu.be/2zItu8RmofI

大好きな親友アンディを思うあまり、チャッキーの愛情が歪み始める出来事を捉えた本編映像を解禁!
ホラーアイコン・チャッキーを過去シリーズから設定新たに生まれ変わらせた理由を明かす監督コメントも到着しました。

先日、全米で公開されるとホラー界を代表するシリーズの精神を受け継ぎながらも、史上最恐の殺人人形“チャッキー”をAI搭載の高性能人形へと大胆に設定を変更するなど、クラシックホラーと現代のテクノロジーを見事に融合させ、まさに現代版と呼ぶにふさわしい仕上がりに絶賛の声が寄せられている本作。この度解禁された映像では、バディ人形のチャッキーに心を許すようになった孤独な少年アンディが、チャッキーと一緒にボードゲームで遊んで友情を育む様子が捉えられています。いつもひとりぼっちで暗い表情をしていたアンディもチャッキーの前では明るい笑顔を見せ、二人だけの特別な友情はきっと永遠に続くに違いない…。そう思わされた矢先、飼い猫に腕をひっかかれたアンディが流血!激しく痛がるアンディと滴り落ちる血をじっと見つめながら、アンディの猫への悪態を聞いているチャッキーの視線は、何よりも大切な親友を傷つけた猫へと向けられ…。このあとに続く、チャッキーの強すぎるアンディへの愛情ゆえに起こる数々の惨劇の始まりを予感させる不穏な場面となっています。

gabriel_bateman_stars_in_childs_play_rgb

過去のシリーズ作でお馴染みのチャッキーと、今回新たに産み落とされた最新型チャッキーとの大きな違いは、本映像で見られるようにアンディとおしゃべりしたり、遊んだりすることで心を通わせて本当の親友のような関係を築いていること。クレヴバーグ監督は「観客が感情的につながることが出来る、とても表情豊かな人形が必要だったんだ。観客は世界を初めて見ることになる彼が、どう自分自身を表現するかを目にすることが出来る。彼の考え、彼の気持ちをね。だから、僕にとっては、そういった感情的な表現を演じられるようにチャッキーをデザインすることがとても重要だったんだよ」と設定の意図を言明。さらに、親友のアンディに対するチャッキーの強い愛情が次第に歪み始め、恐ろしい事態を引き起こしていく物語については「チャッキーが邪悪なのは、人間と関わり合い、人間の言動を学んでいるからだ。自身が良いと思うことをしたいにもかかわらず、衝動や限られた世界観に基づいた言動を取ってしまうんだよ。その内容が非常に現実的で、リアルなんだ。チャッキーが変わっていく様子もすばらしく、また、恐ろしい。この脚本はギリシャ悲劇のようだといつも思うよ」と、純粋無垢で善悪の区別なく物事を学習してしまうチャッキーの言動は、皮肉にも人間の言動に起因するものだと語っており、まさしくアンディの発した一言一言にチャッキーが素直に影響されていく様子が垣間見られる場面です。

%e2%98%85%e5%88%9d%e8%a7%a3%e7%a6%81%ef%bc%bf%e8%b5%a4%e7%9b%ae%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc
いよいよ本日より日本公開を迎える『チャイルド・プレイ』。装い新たに、人間の行動を学習し、最先端テクノロジーを駆使して次々と惨劇を引き起こしていくチャッキーの恐ろしくもどこか切ない姿は必見!そんな心情までもがきっと脳裏に焼き付いて離れない、新時代の恐怖の幕開けをぜひ劇場で。

この度、マーク・ハミルが歌うせつなコワイ耳福な劇中歌「バディソング」の歌詞付き特別映像を解禁!
一度聴いたら脳裏から離れなくなる新たな名曲の誕生秘話を明かすハミルらのコメントも到着。

先日、全米で公開されるとホラー界を代表するシリーズの精神を受け継ぎながらも、史上最恐の殺人人形“チャッキー”をAI搭載の高性能人形へと大胆に設定を変更するなど、クラシックホラーと現代のテクノロジーを見事に融合させ、まさに現代版と呼ぶにふさわしい仕上がりに絶賛の声が寄せられている本作。なかでも純粋さと邪悪さが入り混じる独特の声色でチャッキーに命を吹き込んだマーク・ハミルには称賛が相次いでいます。そんなハミル演じるチャッキーの見どころの一つが劇中でアンディに披露するチャッキーの持ち歌「バディソング」!日本でも良く知られた名曲「ユー・アー・マイ・サンシャイン」のメロディに乗せ、誰よりも大切な親友(バディ)への少しばかり一方通行な愛を歌い上げた、どこか切なげな一曲に仕上がっています。

gabriel_bateman_stars_in_childs_play_rgb

そしてこのたび解禁する特別映像では、チャッキーの愛しさと切なさと心細さを見事に表現したハミルの歌唱に乗せて、アンディとの出会いから次第に歪んだ愛が周囲に刃を向けていくまでの様子が描かれています。しかも映像は特別に歌詞字幕がつけられたシング・アロング版となっており、熱唱するマーク・ハミルとデュエットを楽しむことも可能!

この印象的な一曲について監督のラース・クレヴバーグは「(作曲家の)ベア・マッククレアリーが素晴らしいテーマを作ってくれたから、僕らはその歌詞を書いて、マークにプレゼンしたんだ。彼は、「オッケー、それをやろう!」と快諾してくれたよ。この歌は、アンディとチャッキーの間のパーソナルなものだ。でも撮影していくうちに、物語のキャラクターたちにとって、もっと意味があることがはっきりしてきた。そして、映画の最初や真ん中、エンディングで、僕らはそれをもっと物語的に使うことが出来た。映画に特別なものを与えてくれたね。」と、ホラー映画史に残る新たな名曲の誕生秘話を明かしました。

%e2%98%85%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b31

そして“歌手”ハミルは「僕は♪ユー・アー・マイ・サンシャインの曲を歌っていて、よく知っていたんだ。ベア(・マッククレアリー)が仮歌が入ったディスクを送ってくれたんだけど、「なんてこった!これは『ローズマリーの赤ちゃん』のララバイぐらいいいぞ」と思ったね。この曲はいかにもオモチャが歌うのにふさわしいものになっているけど、どこか不気味なんだ。収録スタジオへの往復の間に何十回も聞いたよ。僕は自分が生きている限りこの曲を頭の外に出す(忘れる)ことは決して出来ないね。ベアは素晴しい仕事をしたよ」と、チャッキーがもたらす恐怖同様すっかりこの歌が脳裏から離れなくなってしまった様子で、作曲家の見事な手腕を称えています。

%e3%80%90%e8%a7%a3%e7%a6%81%e6%b8%88%e3%80%91chucky-and-gabriel-bateman-in-childs-play1
自身も一生忘れられないというハミルが歌う、ホラー映画史に残る新たな名曲「バディソング」は必聴!一度聴いたら耳から離れなくなること間違いなしの、切なくもどこか怖い一曲が劇中でどのように登場するのか!?劇場の大音響でぜひご傾聴ください!

アニマトロニクスにより現代へ産み落とされたチャッキー、その制作の裏側に潜入!
CGでは描けないリアルな恐怖を生み出す特別映像が解禁…!

先日、全米で公開されるとホラー界を代表するシリーズの精神を受け継ぎながらも、史上最恐の殺人人形“チャッキー”をAI搭載の高性能人形へと大胆に設定を変更するなど、クラシックホラーと現代のテクノロジーを見事に融合させ、まさに現代版と呼ぶにふさわしい仕上がりに絶賛の声が寄せられている本作。
この映像が捉えているのは、チャッキーがAI搭載の高性能人形へと進化を遂げる本作に相応しく、電子部品が組み込まれたアニマトロニクスによって息吹を吹き込まれた人形が出現した制作現場。白いラテックスが浮かび上がっただけですでに不気味な雰囲気をまとうフェイスパーツに、精巧で可動域豊富な内外の骨格、CGで眼球の動きを表現するなど、製作陣こだわりの”ハイテクチャッキー”誕生の裏側が映し出され、実際に現場で動き出したチャッキーからは可愛さと同時に、リアルな恐怖をもたらす効果に、恐怖が増大…!

703793_cp089_endorsements_movieweb_cp_image_02
チャッキーの相棒の少年・アンディを演じたガブリエル・ベイトマンは、こんなにもリアルなチャッキーと相対するとは思いもよらなかった様子で「チャッキーはCGになると思ってた。でも(実際の現場には)人形が6体もあって、動くし顔の表情も変わるんだ」と笑い、ラース・クレヴバーグ監督もこの新時代のチャッキーを嬉々として「チャッキーが登場するシーンは全て、監督として面白いと感じた。少しずつ邪悪な面を見せていく敵を取り上げているのだからね」とニヤリ。

703796_cp089_endorsements_moviehole_aubreychucky

ホラー史を代表する人形とアニマトロニクスの最新技術が融合”してしまった”本作がいよいよ日本に上陸する日は目前!かつてない最恐の戦慄にあなたは耐えられるか…!?

『チャイルド・プレイ』7月19日(金)公開

最新のAI技術を搭載し、現代版にアップデートを遂げた”殺人人形”が、恐怖の赤目モードに豹変!WEB限定映像が到着!

本作では、最新AI技術を搭載し現代版にアップデートされた”バディ人形“のチャッキー。多くの時間を共にし絆を深めた主人公アンディ(ガブリエル・ベイトマン)への一途な友情が次第に歪んでいった結果、暴走するかの如く赤目モードに豹変し、凄まじい形相で包丁を振り下ろそうとする衝撃的な姿が、このほどWeb限定映像にて初披露。いまだかつてない新たな惨劇を予感させる恐怖の仕上がりに、このわずか30秒だけでも震え上がること間違いなし。映像内では、友人たちと武器を手に何とか立ち向かおうとするアンディ達の姿も確認できるが、果たして赤目で暴走するチャッキーを止める術はあるのか…?

%e2%98%85%e5%88%9d%e8%a7%a3%e7%a6%81%ef%bc%bf%e8%b5%a4%e7%9b%ae%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc

最新のAI技術を搭載するという大胆な試みが行われ、従来のクラシックホラーとしての魅力を継承しながら最新型として現代に甦った殺人人形チャッキー。今作のプロデューサーで、ホラー映画史上No.1ヒットの『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(17)を手掛けたセス・グレアム・スミスは、長年に渡りホラー界を代表するキャラクターとして愛され続けているチャッキーの魅力について「(オリジナル版で)僕は、とてもキュートに見えるものが、あんなに不敬に話し、あんなにひどいことをするのが大好きだったのを覚えている。60センチの高さのもので、キュートに見えるはずのものが、これだけ恐ろしく、邪悪なことを人々にするのは、どことなく可笑しくて、気味悪いことなんだと思う」と熱弁。

japan-still-2

この夏は新時代の恐怖を劇場の大スクリーンで体感せよ。

7.19(金)『チャイルド・プレイ』全国公開

%e2%98%85%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bc%bf%e7%a7%8b%e8%91%89%e5%8e%9f%e9%a7%85%e5%89%8d%e3%81%ab%e4%bd%87%e3%82%80%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e4%ba%ba%e5%bd%a2

この度、劇中に登場する最先端テクノロジー企業・カスラン社の期待の新商品であるAI人形<バディ人形>が
7月に公開を控えた日本でも、死ぬまで親友を作るためにはるばる来日!

青いオーバーオールにカラフルなボーダーのTシャツという可愛い見た目とは裏腹に、ひとたび豹変すると徹底的に人間に襲い掛かるという残忍さで、幾度となく我々を恐怖に陥れ世界中の観客にトラウマを植え付けてきたのが、『チャイルド・プレイ』シリーズの人形。最新作となる本作『チャイルド・プレイ』に登場する、最先端テクノロジー企業・カスラン社の期待の新商品であるAI人形<バディ人形>が7月19日(金)に公開を控えた日本の地へと初来日しました…!

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e4%ba%ba%e5%bd%a2%e4%ba%ba%e5%bd%a2%e7%94%ba%e9%a7%85%e3%81%ab%e3%81%a6

晴天の6月某日、バディ人形は宣伝スタッフたちに迎えられ「死ぬまで親友だよね?」とばかりに固い握手を交わすと、ちょうどお昼時ということもあり、まずは日本の伝統的なお菓子である人形焼を求めて、本場・日本橋人形町へ向かうことに。お行儀よく電車に乗りこみ、目的地へ到着したバディ人形は、早速あんこがこぼれ落ちそうな切断面に興奮しながら人形焼をたっぷり食してご満悦な表情。ちゃきちゃきの江戸っ子たちが暮らす下町ならではの風景をバックに記念写真をパシャリ。

%e4%ba%ba%e5%bd%a2%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%81%ab%e3%81%93%e3%82%99%e6%ba%80%e6%82%a6%e3%81%aa%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e4%ba%ba%e5%bd%a2

続いて、バディ人形たっての希望で訪れたのは、食器具・調理器具などの問屋で有名な台東区・合羽橋!心なしか先ほどより軽い足取りのバディ人形に、スタッフ一同は暑さか恐怖かわからない汗を滲ませながら案内。

%e5%8c%85%e4%b8%81%e3%82%92%e5%93%81%e5%ae%9a%e3%82%81%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e4%ba%ba%e5%bd%a2%e3%81%ae%e5%be%8c%e3%82%8d%e5%a7%bf

%e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%991_%e5%8c%85%e4%b8%81%e3%82%92%e5%93%81%e5%ae%9a%e3%82%81%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e4%ba%ba%e5%bd%a2

金物屋を中心にまるで腕利きの料理人のような鋭いまなざしで品定めをして回ったバディ人形は非常に満足した様子を見せました。一体何を調理しようというのでしょうか…。

%e3%81%8a%e5%9c%9f%e7%94%a3%e3%81%ae%e8%8c%b6%e5%99%a8%e3%81%ab%e3%81%93%e3%82%99%e6%ba%80%e6%82%a6%e3%81%aa%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e4%ba%ba%e5%bd%a2

次の目的地への移動途中には和カフェに立ち寄りホッと一息。キレとコクのある抹茶の味わい深さに感動したバディ人形は、お土産に茶器セットを購入していました。

%e6%9c%80%e6%96%b0%e5%ae%b6%e9%9b%bb%e3%81%ab%e8%88%88%e5%a5%ae%e6%b0%97%e5%91%b3%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e4%ba%ba%e5%bd%a2

そして最後に向かったのは、日本最大の電気街・秋葉原! 21世紀の最新AI技術が搭載されているバディドールは、スマートデバイスへの接続が可能なため、日本製の最新AI家電にも興味津々。家電量販店へ入り、店内に立ち並ぶAI家電の数々に大興奮したバディ人形は、ふと目を離した隙に勝手に家電と接続を始め、慌ててスタッフが制止するあわや大惨事な一幕も。

%e5%85%89%e3%81%ae%e5%8a%a0%e6%b8%9b%e3%81%8b%e3%82%99%e7%b5%b6%e5%a6%99%e3%81%aa%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e4%ba%ba%e5%bd%a2

そうして無事に観光と物品調達を終え、日本での友達作りに万全の準備が整ったバディドールはスタッフに見送られ、夜の街へ…。果たして、バディ人形は日本で沢山の親友を作り映画を大ヒットに導くことができるのでしょうか?

なお、バディ人形はしばらくスタッフと住むことになったとのこと。
スタッフと最新AI技術が搭載されたバディ人形との暮らしぶりは『チャイルド・プレイ』公式SNSで紹介していく予定です。ぜひこちらもフォローしてチェックしてくださいね!

%e6%a9%8b%e3%81%a6%e3%82%99%e9%bb%84%e6%98%8f%e3%82%8b%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e4%ba%ba%e5%bd%a2

『チャイルド・プレイ』公式Twitterはこちら

『チャイルド・プレイ』公式Facebookはこちら

『チャイルド・プレイ』公式Instagramはこちら

 

%e2%98%85%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b31

現地時間6月19日(水)(日本時間6月20日(木))に、アメリカ・ロサンゼルスにて行われた本作のプレミアイベントに、マーク・ハミルをはじめキャスト・スタッフが登場!
青いオーバーオールにカラフルなボーダーのTシャツという可愛い見た目とは裏腹に、ひとたび豹変すると徹底的に人間に襲い掛かるという残忍さで、幾度となく我々を恐怖に陥れてきた殺人人形”チャッキー”。1作目の全米公開以降、その“怖カワ“な魅力から、アイコン的な人気を獲得し様々な関連グッズや、ユニバーサルスタジオのハロウィン期間限定アトラクションなど、ホラー映画を代表する人気キャラクターとして、世界中の観客にトラウマを植え付けてきました。
ついに今週末に全米公開が迫った6月19日(水)、アメリカ・ロサンゼルスのアークライト・ハリウッドにて本作のプレミアイベントが開催!ホラー映画らしいブラックのカーペットが敷き詰められ、展示された等身大のチャッキー人形がスタッフやキャストをお出迎えする会場に、チャッキーの声を務め世界中で大きな話題を呼んでいる名優マーク・ハミルほか、主人公の少年アンディ役のガブリエル・ベイトマン、アンディの母カレン役のオーブリー・プラザ、チャッキーを現代に蘇らせた新進気鋭のホラー監督ラース・クレヴバーグら豪華キャスト・キャストが降臨!多くの取材やファンが詰めかけ、キャスト・スタッフが取材に精力的に応じる出血大サービスに会場大興奮!大きな期待と共に、新時代の恐怖の幕開けとなる盛大なプレミアイベントとなりました。


★『チャイルド・プレイ』 L.A.プレミア概要★

会場:ArcLight Hollywood, Los Angeles, CA
日時:現地時間6月19日(水)(日本時間20日(木))
登壇者:オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、マーク・ハミル(声の出演)、デヴィッド・ルイス、ラース・クレヴバーグ監督、ベアー・マクリアリー(作曲)

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc

〈以下、イベントレポート〉

今週末に公開が迫った全米で、遂に最新型チャッキーのお披露目となる本作のプレミアイベントがアメリカ・ロサンゼルスのアークライト・ハリウッドで開催!現代版として映画化されたチャッキーの門出を祝うかのごとく、ホラー映画らしいブラックカーペットと、本物さながらの等身大のチャッキー人形がお出迎えする会場に、アンディ役のガブリエル・ベイトマンをはじめ、アンディの母カレン役のオーブリー・プラザ、事件を捜査するマイク刑事役のブライアン・タイリー・ヘンリー、チャッキーの声を演じたマーク・ハミル、チャッキーを現代に蘇らせた新進気鋭のホラー監督ラース・クレヴバーグら豪華キャストとスタッフが登場!全世界のホラー映画ファン待望の本作がようやくお披露目されるということもあり、会場に詰め掛けたファンから大きな歓声と共に迎えられると、キャスト・スタッフはファンとの交流を楽しみながら、詰めかけた多数の報道陣の取材も精力的にこなしていきました。

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc3

%e3%82%ac%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%99%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3
今回新たにAI技術を搭載し、人々を恐怖のどん底に陥れることになる最新型チャッキーの声を務めたマーク・ハミルは、今回の役柄を受けた理由について「(脚本が)すごく新しかったからね。オリジナル版が好きだったから、最初は“なんでまた?”と思ったけど、でも脚本がすごく新鮮で挑戦することにしたんだ」と語り、劇中でチャッキーが歌う一度聴いたら耳から離れない印象的な歌「バディ・ソング」について、「(作曲家の)ベアー・マクリアリーの素敵な子守唄のおかげさ。人形にぴったりの歌だけど、ストーリーを考えると怖いよね。」とその出来栄えに自信をのぞかせました。
その「バディ・ソング」を生み出した作曲家のベアー・マクリアリーも今回のプレミアイベントに参加。『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(19)なども手がけた名手ベアーがマークのレコーディングについて、「マークと仕事出来てとても興奮した。彼はプロのシンガーじゃなかったけど、僕がアコーディオンを取り出して、“どんなキーがマークの声に合うか、さぁキーを見つけよう”ってデモを作って、彼が家で練習してくれて、次のセッションには彼は準備万端でレコーディングをしてくれた。彼は本当にプロフェッショナルで、一緒に仕事が出来て本当に光栄だった」と、ハリウッドのレジェンドと共作出来た喜びを語りました。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b6
続いてアンディの母、カレンを演じたオーブリー・プラザは、ホラー映画の人気キャラクターだけでなく、ファッションアイコンとしても愛されるチャッキーについて、「全ての子供にとって悪夢が現実になったようなものよね。だって、自分の大切な人形から刺されるなんて、トラウマになっちゃうわよ。だから忘れられないんだと思う」と、時代を超え愛され続ける秘密について語りました。

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%98%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%83%bc
親子の隣人であり、事件を捜査するマイク刑事役のブライアン・タイリー・ヘンリーは公開を迎えた心境を「本当に興奮している。お客さんはシートから飛び上がって怖がって、手を叩いて笑うに違いない。チャッキーが戻ってきて、これ以上素晴らしいことはないよね。」と語り、もし現実にチャッキーと戦わなければいけなかったらどうやって戦う?という質問には、「とにかくチャッキーのいるところには行かないことだ。出会わなければ戦う必要がないからね。どんな手段を使っても彼を避けるべきだ。そうでしょ?」と愛嬌たっぷりにコメント!
カレンの嫌味な新しい恋人役を演じたデヴィッド・ルイスは、アニマトロニクス技術を用いた人形のチャッキーとの共演について「(アニマトロニクスの人形は)演技をするうえで非常に役立ったよ。実際、(人形は)顔の表情を変えることが出来て、CGじゃなくリアルに見せたかったから、特に役者は、実在する人形に対してリアクションを取ることが出来てとても助かった。」と、撮影の舞台裏について語りました。

%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%b4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b0%e7%9b%a3%e7%9d%a3
ラース・クレヴバーグ監督「日本のホラー映画や幽霊の映画は本当に素晴らしくて、私のデビュー作『ポラロイド』や『チャイルド・プレイ』も日本のホラー映画文化にとても影響を受けています。なので日本のファンに『チャイルド・プレイ』をお見せできるのがとても光栄です。ぜひ映画館で観てください」と日本ホラー映画への想いを語りました。

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc2
ホラー映画史上に残る大人気シリーズの現代版がいよいよ今週末公開を迎え、予想ではシリーズ最高のオープニングも射程に入る大ヒットスタートが確実視されるなど、ついにベールを脱いだ最新チャッキーに期待は高まるばかり!果たして全米の観客はチャッキーがもたらす恐怖に耐えられるのか…!?大きな期待と共に、新時代の恐怖の幕開けを感じさせる“出血”大サービスの盛大なイベントとなりました!

以上

1 2 3