NEWS

%e2%98%85%e5%88%9d%e8%a7%a3%e7%a6%81%ef%bc%bf%e8%b5%a4%e7%9b%ae%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc

この度、公開から8月4日(日)までの17日間で、累計動員25万人超え、興行収入3億3403万円を記録!
この数字は、日本に先がけ公開していた世界各国の成績を抜き去り、見事インターナショナルNo.1を獲得!(北米地域を除く)
多くの日本国民の心を突き刺す恐怖が、猛暑と共に日本列島を襲い続ける・・・!!

gabriel_bateman_stars_in_childs_play_rgb

ホラー界を代表するシリーズの精神を受け継ぎながらも、史上最恐の殺人人形“チャッキー”をAI搭載の高性能人形へと大胆に設定を変更するなど、クラシックホラーと現代のテクノロジーを見事に融合させ、まさに現代版と呼ぶにふさわしい仕上がりに絶賛の声が寄せられている本作。
7月19日(金)から待望の日本公開を迎えると、その進化と恐怖を目撃すべく老若男女が劇場へ次々と押しかけ、8月4日(日)までの累計興行収入で3憶3403万円を記録。北米地域を除くインターナショナルNo.1(※)となり、日本での近年のホラー人気の勢いと、期待に違わぬ仕上がりの現代版チャッキーが日本国民の心を突き刺したことを証明する結果に!
(※8/4付け 1ドル=106円換算で、インターナショナル2位は、メキシコの$2,951,533<日本円換算:3憶1286万円>

%e3%80%90%e8%a7%a3%e7%a6%81%e6%b8%88%e3%80%91chucky-and-gabriel-bateman-in-childs-play1

さらには、年代・ジャンルの幅広い多くの著名人や人気タレントもSNSで鑑賞と興奮を報告するなど、世代や性別を問わず「チャイルド・プレイ怖すぎて、友達の手をずっと握りしめてた(笑)」「今までの、これはありえないでしょ…っていうホラーと違って、これからあり得るかもしれないという嫌な現実味が怖い」といった最新のAI技術を搭載したチャッキーに怯える投稿が相次いだり、その他にも「バディ・ソングとマーク・ハミル氏の声が最高に狂気で面白かった!」「『チャイルド・プレイ』を観てから「バディ・ソング」が止まらない。」「バディ・ソングが頭から離れなくて脳内でループ再生されてる」と一度聴いたら耳を離れない恐怖の劇中歌が話題を呼んでおり、着実に最新型チャッキーの恐怖が日本列島中に拡大している模様!

本格的な暑さを迎え、ホラー映画を堪能するにはピッタリの夏に、本作の恐怖を体感せよ!


★『チャイルド・プレイ』興行成績★  ※興行通信社調べ
7/19(金)~8/4(日)(17日間):累計動員253,376人 興収334,037,900円